2016年12月16日

オキシデーター専用補充液には白色ボトルと茶色ボトルの2種類があります。 色々なお客様に違いのご質問を受ける事がしばしば有ります。。。   20161216_164000パ  

写真をご覧頂くとわかるようにどちらも製造会社は違いますが、

輸入発売元の<野辺商会>から発売されています。

自分も以前に疑問を持ち野辺商会に違いを聞きました。

その答えが、濃度誤差が少ないのが白色ボトルだけれども、どちらも5,5%~5,9%含有とあるように誤差はそれ程問題は無いと・・・

野辺商会では茶色ボトルを使用していて、白色ボトルの方が液の減りが早いとお答え頂きました。

それでは<金魚屋・もに~>はどっちを使ってる?? となりますよね・・・

金魚屋・もに~では茶色ボトルです!!

だからと言って、白色ボトルは以前に使用・販売していた時期も数年間有りましたし、白色ボトルを好んでいるお客様に茶色ボトルを無理にお勧めするのも・・・ との思いから白色・茶色の両方の販売をしているのが現状なんです^^;

実際にご来店頂いているお客様や、通販でも疑問の連絡を頂いたお客様にはこの事をお伝えしているので茶色ボトルご利用の方が多いのですが、通販は半数が白色ボトルのご購入のお客様となっているので茶色ボトルだけには出来ないのでまだしばらくは両方とも扱う予定でいます。

もう一つ、例えば<オキシミニを1台だけしか使っていない>というようなライトユーザーの方から1リットルでは多すぎるとのご意見を以前から頂いておりました。

その解決策としまして、従来は空ボトルを持参頂いたお客様への業務用からの詰替え販売を、ボトル代金分が掛かりますが通販でも利用頂けるようにさせて頂こうと思います。

茶色ボトル用として、過酸化水素水濃度5.5%液 の

小分け500ml(新サービス) 及び 1リットルの詰替え品の販売

(このシステムは金魚屋・もに~にてオキシデーター本体及び・オキシデーター専用補充液をご購入して頂いているお客様専用のサービスとさせて頂きます)

ボトルは品質劣化を少なくする為に<黒色遮光ボトル>にさせて頂く予定です。

宜しくお願い致します。